ログってなんぼ

日々のメモです

CentOS6にrvmでRubyを入れる

今回はrootユーザーでシステム全体に入れます。一般ユーザーでインストールした場合にはホームディレクトリの.bash_profileとか.bashrcあたりにrvmのパスが追加されると思われ。

インストール

# curl -L https://get.rvm.io | bash -s stable

確認

# which rvm
/usr/local/rvm/bin/rvm

/usr/localに入りました

インストールできるrubyの確認

# rvm list known
# MRI Rubies
[ruby-]1.8.6[-p420]
[ruby-]1.8.7[-head] # security released on head
[ruby-]1.9.1[-p431]
[ruby-]1.9.2[-head] # security released on head
[ruby-]1.9.3[-p547]
[ruby-]2.0.0-p451
[ruby-]2.0.0[-p481]
[ruby-]2.1.1
[ruby-]2.1[.2]
[ruby-]2.1-head
ruby-head
・
・
・

その他ずらずらーっと。

ruby2.0.0

入れます

# rvm install 2.0.0

確認

# ruby --version
ruby 2.0.0p481 (2014-05-08 revision 45883) [x86_64-linux]