ログってなんぼ

日々のメモです

SublimeText3にSublimeGitパッケージを入れる

Package Controlをインストール

import urllib.request,os,hashlib; h = '7183a2d3e96f11eeadd761d777e62404' + 'e330c659d4bb41d3bdf022e94cab3cd0'; pf = 'Package Control.sublime-package'; ipp = sublime.installed_packages_path(); urllib.request.install_opener( urllib.request.build_opener( urllib.request.ProxyHandler()) ); by = urllib.request.urlopen( 'http://sublime.wbond.net/' + pf.replace(' ', '%20')).read(); dh = hashlib.sha256(by).hexdigest(); print('Error validating download (got %s instead of %s), please try manual install' % (dh, h)) if dh != h else open(os.path.join( ipp, pf), 'wb' ).write(by)

引用元:Installation - Package Control はてなブックマーク - Installation - Package Control


ちょくちょくコードが変わっている可能性もあるので、上記サイトから最新版をチェック後、実行したほうが無難かもです。

control + shift + @でConsoleを開き、上記のコードをコピペして実行するだけで便利なパッケージコントローラが入ります。

パッケージのインストール

まあ好きなモノを入れて便利に使えばいいだけなのですが、とりあえずサンプルでGitパッケージ入れてみます。

Git - Packages - Package Control はてなブックマーク - Git - Packages - Package Control

SS 2014 04 26 10 59 25
shift + command + pでコマンドパレットを開きます。

SS 2014 04 26 11 00 43
installと入力してenter

SS 2014 04 26 11 01 46
SublimeGitと入力してインストール。