ログってなんぼ

日々のメモです

ansible : NFSクライアントを構成する

nfs関連のミドルウェアをインストールして、任意のNFSをマウントするまで

CentOS6.5。

roles/app/defaults/main.yml

---
  file_mountpoint: /path_to_mountpoint
  file_server: xxx.xxx.xxx.xxx

roles/app/tasks/main.yml

  - name: NFSクライアントをインストール
    become: True
    yum: name={{ item }} state=latest
    with_items:
      - nfs-utils
  - name: NFS関連:rpcbind
    become: True
    service: name=rpcbind state=started enabled=yes
  - name: NFS関連:rpcidmapd
    become: True
    service: name=rpcidmapd state=started enabled=yes
  - name: NFS関連:nfslock
    become: True
    service: name=nfslock state=started enabled=yes
  - name: NFS関連:netfs
    become: True
    service: name=netfs state=started enabled=yes
  - name: マウントポイントを作る
    become: True
    file: path={{ file_mountpoint }} state=directory owner=root group=root mode=0755
  - name: fileサーバーをNFSマウントする
    become: True
    mount: name={{ file_mountpoint }} src={{ file_server }}:{{ file_mountpoint }} fstype=nfs state=mounted

rootで作業を行いたい部分に become: Trueを指定していますが、環境や状況によって臨機応変に。

  - name: fileサーバーをNFSマウントする
    become: True
    mount: name={{ file_mountpoint }} src={{ file_server }}:{{ file_mountpoint }} fstype=nfs state=mounted

この記述で、マウントと/etc/fstabへの追加を一緒に行う。

複数回実行してもfstabに行が増殖することはありません

もう少しで慣れてきそう