読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログってなんぼ

日々のメモです

OSX Yosemiteの「写真」でサムネイルと実際の画像が違う状態になってしまったら

f:id:Okisanjp:20160712163847p:plain

OSX Yosemite(v10.10.3)で使えるようになった「写真」アプリ。

手持ちのApertureライブラリを写真アプリに移行したんですが、サムネイルと実際の写真が違うという状態になってしまいました・・・全部ではないんですけどね・・・全体の10%くらいのサムネイルがおかしくなってしまった・・

Appleのサポート情報を探してみても対策方法を見つけることができなかったので、仕方なく自力で対応してみることに。

※以下の作業は全て自己責任で行いました。推奨される方法ではない可能性があるので、Timemachineなどにバックアップが無い方にはおすすめしません。

写真アプリを終了

もし写真アプリが起動中であれば終了します。

ライブラリの場所を調べる

Dockからoptionキーを押しながら写真アプリを起動

f:id:Okisanjp:20160712163856p:plain

場所をメモったら、左上の丸ボタンを押してキャンセル。

サムネイルを消す

$ rm -rf ~/Pictures/写真\ Library.photoslibrary/Thumbnails/*

写真アプリを起動

f:id:Okisanjp:20160712163905p:plain

サムネイルデータが順次作られていきます。写真が多いと結構時間がかかります。

f:id:Okisanjp:20160712163920p:plain

修復完了です。

繰り返しますが自己責任でお願いします。 私はTimemachineにバックアップがあるので思い切ってやってしましました・・・w