読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログってなんぼ

日々のメモです

Zabbix:MySQLを監視する「Template App MySQL」を使う

CentOS5にZabbix2.0.9をyumでインストールした前提。

監視対象サーバーでの作業

# vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.d/userparameter_mysql.conf

を確認すると、

# For all the following commands HOME should be set to the directory that has .my.cnf file with password information. # Flexible parameter to grab global variables. On the frontend side, use keys like mysql.status[Com_insert]. # Key syntax is mysql.status[variable]. UserParameter=mysql.status[*],echo "show global status where Variable_name='$1';" | HOME=/var/lib/zabbix mysql -N | awk '{print $$2}'

とあるので .my.cnfを作る

.my.cnf

# mkdir /var/lib/zabbix

[client]
port = 3306
socket = /tmp/mysql.sock
default-character-set= utf8
user = USERNAME
password = PASSWORD

MySQL接続情報などの内容は適切なもので。

.my.cnfのパーミッションも適宜調整。

確認

zabbix-serverのコンソールから

# zabbix_get -s 192.168.99.153 -k mysql.status[Com_select]
110825975

OK。あとは任意のホストにテンプレートをリンクして終了。