読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログってなんぼ

日々のメモです

CentOSにZabbix2.0をインストール

linux zabbix infra

CentOS5.4final(x86_64) Memory 4GB Apache2.2.3 PHP5.1.6 MySQL5.0.95

上記環境にzabbix2.0をインストールしたので作業メモ

yumのリポジトリを追加

zabbix用のリポジトリをシステムに追加。

Index of /zabbix/2.0/rhel/5/x86_64 はてなブックマーク - Index of /zabbix/2.0/rhel/5/x86_64

ここある最新のzabbix-releaseを使う。CentOS6の場合や32bitOSの場合は適切なディレクトリに読み替えてください。

リポジトリ追加

$ sudo rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-release-2.0-1.el5.noarch.rpm

設定の変更

デフォルトで有効としない設定に変更する(2箇所のenabledを0にする)

$ sudo vi /etc/yum.repos.d/zabbix.repo
[zabbix]
name=Zabbix Official Repository - $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/rhel/5/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX

[zabbix-non-supported]
name=Zabbix Official Repository non-supported - $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.com/non-supported/rhel/5/$basearch/
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX
gpgcheck=1

MySQL

DB作成

$ mysql -uroot -p
mysql> create database zabbix character set utf8;

ユーザー作成

mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by '';
mysql> FLUSH PRIVILEGES;

Zabbixのインストール

とりあえず必要そうなものを入れておく。zabbix-proxyとかは今後ためそう。。。

$ sudo yum install --enablerepo=zabbix zabbix zabbix-agent zabbix-server zabbix-server-mysql zabbix-web zabbix-web-mysql

スキーマと初期データ

$ mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.8/create/schema.sql
$ mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.8/create/images.sql
$ mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.8/create/data.sql

Zabbix Server設定

$ sudo vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBHost=localhost
DBName=zabbix
DBUser=zabbix
DBPassword=

php.ini

$ sudo vi /etc/php.ini

date.timezone = "Asia/Tokyo"
max_execution_time = 300
max_input_time = 300
memory_limit = 256M
post_max_size = 16M

$ sudo /etc/init.d/httpd restart

Zabbix Server起動と自動設定

$ sudo /sbin/chkconfig zabbix-server on
$ sudo /etc/init.d/zabbix-server start

Zabbix Agent設定

Serverになるマシンは自分で自分のことも監視するため、Zabbix ServerとZabbix Agentの両方を起動する。 監視される対象のサーバーにはZabbix AgentのみのインストールでOK。

$ sudo vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf

Server=127.0.0.1
Hostname=Zabbix server
ListenIP=127.0.0.1

監視される側のサーバーにzabbix-agentを入れた場合の設定例としては

Server=
Hostname=<任意の名称>

みたいな感じ。ListenIPのデフォルトは0.0.0.0なので、すべてのインターフェースでListenすればよい状況であれば特に変更しなくてもいいかと。

アクティブチェック(Zabbix-agentからServerへ能動的にデータを送る)を行う場合は

ServerActive=

Hostname

Zabbix Serverで認識するホスト名をコンフィグに直書きするのではなく、エージェントが取得したホスト名を使用する場合

# Hostname=Zabbix server
HostnameItem=system.hostname

としておけば、エージェントがhostnameコマンドで取得して送信してくれる

Zabbix Agent起動と自動設定

$ sudo /sbin/chkconfig zabbix-agent on
$ sudo /etc/init.d/zabbix-agent start

ブラウザからのセットアップ

http://example.com/zabbix へアクセスすることでインストール画面となります。

後は画面見ればわかるので割愛。