ログってなんぼ

日々のメモです

Macbook Pro Retina13をドットバイドット(2560x1600)で使う

f:id:Okisanjp:20160712181303p:plain

Macbook Pro RetinaはOS標準の状態だと、最高解像度を選択してもHiDPIモード(Retinaモード)までしか解像度が上がりません。

13インチ(2014モデル)だと、1680x1050が最高です。まあその代わり文字がめちゃめちゃ綺麗ですけど・・・

ドットバイドットで使いたい時もある

打ち合わせでWebサイトの全体をいっぺんに見たい時など、文字が読めなくてもいいから解像度を一時的に上げたいという時に便利なのがQuickResです。

QuickRes はてなブックマーク - QuickRes

ボクが常用する解像度はシステム標準のRetina1680x1050なので、4$払ってHiDPIモードが使える有料版を買いました。これでQuickResで1680x1050に切り替えた時もRetina画質で文字を読むことができます。

QuickResで何ができるのか

・ディスプレイの最高解像度まで解像度を上げる(ドットバイドット)事ができる ・プロファイルという形で、使いたい解像度を幾つか登録しておける ・ショートカットキーで切り替えができる ・RetinaじゃないMacbook Airでもより高い解像度で使える

1680x1050 HiDPI

f:id:Okisanjp:20160712181317p:plain

システム標準で選べる最高解像度と同じ。まあ13インチなら十分な解像度ですし、何より文字がiPhoneなみに綺麗です。

2560x1600

f:id:Okisanjp:20160712181327p:plain

笑えてくるくらい広いです

非Retinaマシンでも有用

ちなみにMacbook Air11などに導入すると、擬似的にですが1920x1050に切り替えることができるようになります。

最後に一言

文字を読むのは辛いですが大きな画像やWebサイトの全体像などをプレゼンするときには非常に便利です。