読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログってなんぼ

日々のメモです

Shunit2をサブモジュールとして登録してCircleCIで実行するメモ

circleci bash

こちらとほぼ同様のエントリです。QiitaとBlogの両方に載せるのめんどくさいのでそろそろやめようかな(´・ω・`)

qiita.com

CircleCIの使い方やShunit2でのテストの書き方については素晴らしいQiitaエントリがたくさんあるので割愛します

qiita.com

qiita.com

Shunit2

https://code.google.com/archive/p/shunit2/ GoogleCode上のプロジェクトですが

NOTICE(2015-06-26): shunit2 has moved to GitHub! http://github.com/kward/shunit2

とあるので

github.com

こちら使わせていただくことにします

submodule追加

上記GitリポジトリにあるShunit2をサブモジュールとして追加します

[submodule "shunit2"]
    path = shunit2
    url = git@github.com:kward/shunit2.git

circle.yml

circle.ymlは

checkout:
  post:
    - git submodule sync
    - git submodule update --init

test:
  override:
    - bash test/bl_test.sh

こんな感じにしておきます

テストの内容

#!/bin/bash

testMain(){
  assertEquals 1 1
}

. ./shunit2/source/2.1/src/shunit2

任意のテストを書いたあと、最終行にshunitのパスを記載しておきます

実際にこちらのプロジェクトで使ってみました

github.com

スクリーンショット 0028-11-30 13.00.36.png

スクリーンショット 0028-11-30 13.01.03.png

各ファイルの置き場所や、相対パスの関係がどうなっているのかなどの参考になれば幸いっす