ログってなんぼ

日々のメモです

findで見つけたファイルのサイズを0にする

findで検索したファイルに/dev/nullを上書きしてファイルサイズを0にしたいときなど。

# find ./ -name "*.error_log" | xargs -t -i cp /dev/null {}

cp /dev/null ./hoge1.error_log
cp /dev/null ./hoge2.error_log
cp /dev/null ./hoge3.error_log
cp /dev/null ./hoge4.error_log
cp /dev/null ./hoge5.error_log

OSによってxargsのオプションの取り扱いに差があると思うので実際に利用する場合にはオプションをmanなどで調べてから作業するといいです。

今見ているタブからchatworkのinfo形式テキストを作るChrome機能拡張「chatwork info maker」を作りました

chatworkに

f:id:Okisanjp:20170406204249p:plain

こういう投稿をするためには

[info][title]Youtube再生中に数字キーを押すと頭出しができる - ログってなんぼ[/title]http://okisanjp.hatenablog.jp/entry/2017/03/09/000936[/info]

こういう感じで表記する必要がありますが、あまりにも面倒なのでChrome拡張を作って公開しました。

続きを読む

ギターのための十徳ツール?!「Ibanez アイバニーズ マルチ・セットアップ・ツール MTZ11」を購入

弦高の調整をしようと思って工具箱を見たら、六角レンチを無くしてしまっていたのを思い出しまして・・・

じゃあこの機会にAmazonで六角を買おう!とおもって物色していたらこんなものを見つけたので買ってしまいました。

ギターの調整に使えるツールが十徳ナイフ的にまとまっています。

続きを読む

Youtube再生中に数字キーを押すと頭出しができる

Youtubeの再生中に、数字キーを押すと

0 : 最初へ戻る
1 : 10%
2 : 20%
3 : 30%
4 : 40%
5 : 50%
6 : 60%
7 : 70%
8 : 80%
9 : 90%

こんな感じで頭出しが出来ます。

0 を押す

f:id:Okisanjp:20170309000726p:plain

最初から再生

3 を押す

f:id:Okisanjp:20170309000749p:plain

30%のところから再生

9 を押す

f:id:Okisanjp:20170309000805p:plain

90%のところから再生

知らなかったので共有・・・(´・ω・`)

Elastic Beanstalkで起動する環境にcronを仕込むメモ

一例として「Railsプロジェクト内のbin/hoge.rbを5分おきに動作させる」というcronjobを仕込んでみます

config/eb_crontabs

たとえば、config/eb_crontabsという名前でcronを用意しておくとして

SHELL=/bin/bash
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
MAILTO=ec2-user
HOME=/

*/5 * * * * ec2-user cd /var/app/current/ && /bin/bash -lc 'rails runner -e production bin/somejob.rb'

.ebextensions/09-crond.config

files:
    "/opt/elasticbeanstalk/hooks/appdeploy/enact/99-crontab.sh" :
        mode: "000755"
        owner: USERNAME
        group: USERGROUP
        content: |
            #!/usr/bin/env bash

            cp -f /var/app/current/config/eb_crontabs /etc/cron.d/eb_crontabs
            chmod 644 /etc/cron.d/eb_crontabs

もっとスマートな方法あるかな?

MacのDockerでRe:dashを立ち上げ監視やBI入門に使う

SQLで書けるKPIやメトリクスを簡単にグラフ化できるredash、活用してますか!

BIにも監視にも手軽に使える便利なツールなのでオススメです。

docs.docker.com

docker-composeで構築します

参考ドキュメント

Setting up a Redash instance · Redash Help Center

基本的にこちらにしたがって進めます。

任意のディレクトリからスタート

$ git clone https://github.com/getredash/redash.git

cloneしたプロジェクトのディレクトリに移動

$ cd redash

docker composeのコンフィグサンプルが入っているので再利用させていただきます

$ cp docker-compose-example.yml docker-compose.yml

postgres

次にpostgresのデータディレクトリを指定します

まず、Docker -> Preferences… -> File Sharing から共有ディレクトリの設定を確認

f:id:Okisanjp:20161114181421p:plain

今回は/Usersの下にディレクトリを作ることにしました

$ mkdir /Users/okisanjp/postgres-data

もともとの設定ファイルは以下のような内容ですが

postgres:
  image: postgres:9.3
  volumes:
    - /opt/postgres-data:/var/lib/postgresql/data

docker-compose.yml は下記のように修正

$ vim docker-compose.yml

postgres:
  image: postgres:9.3
  volumes:
    - /Users/okisanjp/postgres-data:/var/lib/postgresql/data

postgresのコンテナを起動します

$ docker-compose up postgres

動いてるのを確認したら一旦ctrl+Cで終了

次にセットアップスクリプトを流します

$ ./setup/docker/create_database.sh
Pulling redis (redis:2.8)...
2.8: Pulling from library/redis
51f5c6a04d83: Already exists
6c8ccd839b1d: Pull complete
0fded1c9651d: Pull complete
7f1aa6a73799: Pull complete
fbe8a4f1aa87: Pull complete
1a9852d2edd3: Pull complete
128182e1e85d: Pull complete
b94de088b6d8: Pull complete
Digest: sha256:e507029ca6a11b85f8628ff16d7ff73ae54582f16fd757e64431f5ca6d27a13c
Status: Downloaded newer image for redis:2.8
Starting redash_postgres_1
Creating redash_redis_1
Creating user (admin, Admin) in organization default...
Admin: True
Login with Google Auth: False

: No such file or directory: 169.254/16
: No such file or directory: 169.254/16
: No such file or directory: 169.254/16
: No such file or directory: 169.254/16
CREATE ROLE
GRANT
GRANT
GRANT
Creating pg data source (re:dash metadata) with options:
{"host": "postgres", "password": "redash_reader", "user": "redash_reader", "dbname": "postgres"}
Id: 1

そして起動

$ docker-compose up

起動してるか確認

公式ドキュメントではdocker-machine lsできると書いてありましたが勉強不足なのか私の環境ではdocker psでしか起動を確認できませんでした

$ docker ps
CONTAINER ID        IMAGE                  COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                              NAMES
3c15d01073f0        redash/nginx:latest    "nginx -g 'daemon off"   18 minutes ago      Up 5 minutes        0.0.0.0:80->80/tcp, 443/tcp        redash_redash-nginx_1
4b1af3b3cf66        redash/redash:latest   "supervisord -c /opt/"   18 minutes ago      Up 5 minutes        0.0.0.0:5000->5000/tcp, 9001/tcp   redash_redash_1
e362d5ff9774        redis:2.8              "docker-entrypoint.sh"   21 minutes ago      Up 5 minutes        6379/tcp                           redash_redis_1
c734c551e4e2        postgres:9.3           "/docker-entrypoint.s"   24 minutes ago      Up 5 minutes        5432/tcp                           redash_postgres_1

ブラウザから確認

http://127.0.0.1:80

f:id:Okisanjp:20161114182851p:plain

admin/admin

でログイン可能です

f:id:Okisanjp:20161114183047p:plain

ログインできました

起動と終了

$ docker-compose up

で起動した場合は、起動したターミナルにログがずらずら出てきていると思うので、ctrl+Cで終了させることができます

または

$ docker-compose up -d

$ docker-compose stop

という運用もできます

おまけ

直接関係ありませんが、Dockerをインストールしたときに付いてきたkinematicsを使うといろいろ見やすくて助かります

f:id:Okisanjp:20161114184358p:plain