ログってなんぼ

日々のメモです

Windowsホスト+Vagrantのプロビジョニングにansible_localを使う

Vagrant環境のプロビジョニングにAnsibleを使っています。

Windows環境ではansibleをインストールすることが出来ないので、ホスト側のAnsibleを使うのではなく、ゲストOSにAnsibleを入れてそちらを使うようにする対応です。

Vagrantfile

    config.vm.provision "ansiblel" do |ansible|
      ansible.playbook = "ansible/dev.yml"
    end

これを

    config.vm.provision "ansible_local" do |ansible|
      ansible.playbook = "ansible/dev.yml"
    end

こう書き換えます

playbook

今回の例で言うとdev.ymlの中身になります

- hosts: dev-env
  connection: local
  user: vagrant
  vars_files:
    - group_vars/dev-env.yml
  roles:
    - common
    - web

connection: localを追記しています

vagrant for windows 1.9.6で動作確認済み

【事故防止】.ssh/configでIncludeを使う

追記したいのに上書きしてしまった

あるあるすぎる事故を未然に防ぎましょう(´・ω・`)

$ ssh -V
OpenSSH_7.5p1, LibreSSL 2.5.4

あなたのopensshが7.3以上ならできます

https://www.openssh.com/txt/release-7.3

前準備

まず~/.ssh/conf.dなどといった任意のディレクトリを作っておきます

$ mkdir ~/.ssh/conf.d

.ssh/config

.ssh/configには下記のようにIncludeと基本的な設定のみを書いておきます

ServerAliveInterval 30
Include conf.d/*

conf.d 以下

$ tree ~/.ssh/
/Users/okisanjp/.ssh/
├── conf.d
│   ├── service-1
│   ├── service-2
│   └── service-3

こんな感じで、サービスごとに設定ファイルを分けておけば、上書き事故が減ります

python boto3でawsのprofileを複数指定してそれぞれの請求額を取得する

たくさんアカウントを抱えていて、一気に確認したいのと、boto3使ってみたかったので。

~/.aws/credentialsのprofileをprofilesに列挙して実行

# coding:utf-8

from boto3.session import Session
import datetime

profiles = ['profile1', 'profile2']

for profile in profiles:
    session = Session(profile_name=profile)

    client = session.client('cloudwatch', region_name = 'us-east-1')

    bill_data = client.get_metric_statistics(
                    Namespace='AWS/Billing',
                    MetricName='EstimatedCharges',
                    Dimensions=[
                        {
                            'Name': 'Currency',
                            'Value': 'USD'
                        }
                    ],
                    StartTime=datetime.datetime.today() - datetime.timedelta(days=1),
                    EndTime=datetime.datetime.today(),
                    Period=86400,
                    Statistics=['Maximum']
                )['Datapoints'][0]

    print "{0:15s}".format(str(profile)) + "{0:8s}".format(str(bill_data['Maximum'])) + ' (USD)'

実行結果

profile1          653.16  (USD)
profile2         55.11    (USD)

うーん(・∀・)イイネ!!

他の機能も使ってみようっと

Boto 3 Documentation — Boto 3 Docs 1.4.8 documentation

firewalldでシンプルにIP制限(ホワイトリスト方式)

trustedゾーンにIPアドレスを追加

# firewall-cmd --zone=trusted --add-source=192.168.0.100

publicゾーンからサービスを削除

内容はお好みで

# firewall-cmd --zone=public --remove-service=http
# firewall-cmd --zone=public --remove-service=https
# firewall-cmd --zone=public --remove-service=ssh
# firewall-cmd --zone=public --remove-service=dhcpv6-client

trustedゾーンにサービス追加

お好みで

# firewall-cmd --zone=trusted --add-service=http
# firewall-cmd --zone=trusted --add-service=https
# firewall-cmd --zone=trusted --add-service=ssh

内容確認

こうなる

# firewall-cmd --zone=public --list-services
(何も表示されていない)
# firewall-cmd --zone=trusted --list-services
ssh http https

Chromeアドオン「Chatworkリンクメーカー」で現在のタブをデフォルト入力するようにしました

chrome.google.com

まあほぼ自分用に作ってメンテしているChrome機能拡張なんですが、ちょっとだけまた機能追加しました。

Chatworkを使っていて、リンクの共有がダルいと思われている方はよろしければどうぞ。

ArubaOS 6.5 MIBメモ

ArubaOS6.5系のMIBリファレンスが何処を探しても見当たりません(´・ω・`)・・・

というわけでzabbixでSNMP監視する際に使った値をメモしとく

aiAPName 1.3.6.1.4.1.14823.2.3.3.1.2.1.1.2
aiAPIPAddress 1.3.6.1.4.1.14823.2.3.3.1.2.1.1.3
aiAPCPUUtilization 1.3.6.1.4.1.14823.2.3.3.1.2.1.1.7
aiAPMemoryFree 1.3.6.1.4.1.14823.2.3.3.1.2.1.1.8
aiAPUptime 1.3.6.1.4.1.14823.2.3.3.1.2.1.1.9
aiAPTotalMemory 1.3.6.1.4.1.14823.2.3.3.1.2.1.1.10

Windows10 Fall Creators UpdateでWSLを使う準備

msdn.microsoft.com

管理者権限でPowershellを起動し

Windows PowerShell
Copyright (C) 2016 Microsoft Corporation. All rights reserved.

PS C:\WINDOWS\system32> Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux


Path          :
Online        : True
RestartNeeded : False



PS C:\WINDOWS\system32>

ビルドの確認

build 16215 以上が必要なようですね

f:id:Okisanjp:20171019203408p:plain

古っ

楽しみに待ちますかね

WordPressにリンク集ウィジェットを復活させる方法

久しぶりにWordPress使ったんですが、リンク集ウィジェットが消えてるッ?!

https://plugins.trac.wordpress.org/browser/link-manager/trunk/link-manager.php

functions.phpに追記

add_filter('pre_option_link_manager_enabled', '__return_true');

ε-(´∀`*)ホッ

AWS EC2で自分自身のインスタンスID(InstanceID)を取得する

EC2のcronで動作中のシェルスクリプトをメンテしているとたまに

*/10 * * * * /bin/sh script_name.sh i-xxxxxxxx

こんな感じでインスタンスIDを引数にスクリプトを起動して、スクリプト中で

instanceid=$1

という風にインスタンスIDを利用しているパターンを見かけます

続きを読む

chatworkにシェアするリンクを作るChrome機能拡張「chatwork リンクmaker」を作りました

chatworkに

f:id:Okisanjp:20170406204249p:plain

こういう投稿をするためには

[info][title]Youtube再生中に数字キーを押すと頭出しができる - ログってなんぼ[/title]http://okisanjp.hatenablog.jp/entry/2017/03/09/000936[/info]

こういう感じで表記する必要がありますが、あまりにも面倒なのでChrome拡張を作って公開しました。

続きを読む